ホーム » ダイエット » ダイエット効果と女性の月経周期の関係

ダイエット効果と女性の月経周期の関係

女性のダイエットとその効果には、月経周期によるバイオリズムが大きく関わっています。女性は自分の体の月経周期とダイエットとの関係を知るによって、より効果のあるダイエットをすることが可能になります。女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが常に分泌されています。同じダイエットをしたとしても、効果が出るときと出ないときがあるのは、このホルモンの影響があるからです。プロゲステロンは、排卵から月経までの間の2週間の間、分泌量が高まっていきます。その後の2週間は、エストロゲンのほうの分泌量のほうがふえます。エストロゲンが働いている時の体は活動的になります。この期間は体が活動的であり、代謝や血行がよくなるので、ダイエットの効果がでやすくなります。反対にプロゲステロンが働いているときは、体が休んでいる状態にあり、代謝や血行は悪くなってるので、あまりダイエット効果が期待できません。エストロゲンが働いているときの方が、ダイエット効果が生まれやすいということが言えます。逆にプロゲステロンが働いていて体が休んでいるときにダイエットをしてしまうと、体に大きな負担がかかってしまいます。自分の体のサイクルをチェックして、エストロゲンが多く体内にある時に、ダイエットを行うようにすると効果的です。しばらく経ってプロゲステロンが働きだしたら、ダイエット効果を求めるのでは無く、体重維持に努めるようにすると良いでしょう。